病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

病院薬剤師の病棟業務とは!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る

医薬分業が進み、病院薬剤師に求められる業務も様変わりしました。それまでは、患者に対する調剤業務が主な仕事で、極端にいえば調剤業務をひたすら行っていても薬剤師の業務として成り立っていました。

しかし、医薬分業がある程度進んでくると、多くの薬剤師は薬局での業務に就き、病院に残った薬剤師は調剤以外の様々な業務を求められるようになってきたのです。

その中の一つに病棟活動があります。病棟活動に求められる重要な業務の一つに、コミュニケーション能力があります。一般的に、薬剤師はコミュニケーション能力に欠けるといわれてきました。それは、薬剤師の業務にそれだけ、コミュニケーションが必要な場面がなかったことも関係しています。

しかし、病棟活動では、入院患者のベッドサイドで、現在服薬している薬があるかどうか、また今までにアレルギーや副作用を起こしたことがあるかどうかなどを確認します。そして、これから服薬する薬の名前や効果、飲み方、副作用などについて、の詳細を入院患者に説明するのです。

また、入院患者の投薬治療が始まったら調剤した薬の効果を確認しなければなりません。これは今までにない薬剤師の役割といえます。従来でしたら、医師の処方した薬を調剤して患者に渡せばよかっただけの業務が、今後は自分の目と耳で確認することになったのです。これは、いい意味で薬剤師のやる気につながっていくのではないでしょうか。

目に見える形で成果が確認できれば、人間誰しもやる気が出てくるものです。処方され、調剤した薬の効果や使用量などは、その都度確認しなければなりません。気をつけたいのは患者の薬に対する不安感です。すこしでも患者の不安をやわらげ、薬に対する疑問に対して真摯な態度で答えることが大切です。そのためにも、今後は薬剤師のコミュニケーション能力が多くの場面で問われてくると思います。コミュニケーション能力を高め、患者さんに少しでも安心して薬の服用ができるように心がけましょう。

医師の勧めや、薬剤師の説明通りに薬を服用しなかった場合、その患者の医療計画の練り直しが必要になります。薬剤師は、入院患者が、医師が処方し薬剤師が調剤した薬をなぜ服用しなかったのかを、そしてこれからはどのようにしたら服用してもらえるのかを、患者と相談しなくてはいけません。

薬が単純に嫌いなのかもしれませんし、錠剤なので飲み込みにくいのかもしれません。場合によっては、よりよい服用方法を考えなくてはいけない場面もあるでしょう。このようなことを解決していくことも病棟薬剤師の貴重な経験として今後に生きてくるのだと思います。

薬剤師専門の転職サイト 人気ランキングTOP5

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド