病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

病院薬剤師でも当直はあるのか!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る

病院で働くと当直は避けられません。ただ、当直のイメージは、医師や看護師がだけだ行うものという先入観が世間にはまだあるようです。最近では、薬剤師の当直も増えてきました。救急救命センターなどでは薬剤師が常駐して当直がありました。薬剤部がある一定規模の医療機関でも、薬剤師の当直は珍しくありませんでした。入院している患者の様態が急変して、ドクターから処方箋が届くことがよくあるからです。

当直の日は、1人もしくは2人で仕事をします。いつもは大勢の同僚に囲まれて仕事をしますので、当直日には、不安を感じる薬剤師も少なくないようです。経験の浅い薬剤師はそのような傾向が強いようです。当直の日に、薬剤について疑問や分からないことがあると、苦労することがよくあります。

しかし、ベテランの病院薬剤師になるとテキパキと判断できるようになります。やはり薬剤師の世界も経験がものをいうようです。病院薬剤師の当直回数は、病院の規模、薬剤師の数により違いがあります。平日の夜、土日祝日など各病院によりシフトが違いますが、週末の当直は、月に1〜2回あるので覚悟をしていた方がよいでしょう。

当直を避けて薬剤師を続けたいなら、調剤薬局等に勤めるのがベストです。当直のシフトが組まれていても、病院薬剤師は非常に人気がある職種になっています。いちばんの理由はやりがいです。単純のように思えますが病院薬剤師に聞くと、病院での業務は他には代え難いものだと言います。薬剤師として最先端の治療、調薬業務に携えることは、薬剤師冥利に尽きるとのことです。

当直に出ると当然、手当が付きます。病院薬剤師はとてもハードな職種で、決して給料がいい訳ではありませんが人気はあります。病院薬剤師に就きたいと思っても叶わないこともよくあります。

そのような時に利用したいのが薬剤師転職エージェント。薬剤師に特化した転職サービスです。全国の医療機関を網羅した求人情報がたくさん用意されています。経験豊富なコンサルタント(アドバイザー)が、薬剤師の転職活動をサポートします。また、嬉しいことにすべてのサービスが無料で利用できるようになっています。転職希望の薬剤師が負担するものは一切ありません。当直の有無・回数など、細かな情報も薬剤師転職エージェントで把握することができます。

病院薬剤師への転職をお考えの方は、是非とも薬剤師転職エージェントを利用してみてください。きっとお気に入りの求人があることでしょう。

当直のある病院薬剤師の求人を掲載している転職エージェントをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド