病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

大学病院の薬剤師の研修について

→薬剤師求人サイトランキングを見る

大学病院における薬剤師の業務は、とても高度で専門的なものとなります。入院患者さんのための調剤業務や服薬管理など、一般的な仕事であっても、大学病院の場合は、難しい症例の患者さんや、容体がデリケートな方が多くいますので、慎重を期して行う必要があります。そして、医師とチームを組んで診療に加わったり、がん治療など薬物治療の最前線に入る場合は、薬物に関するエキスパートとして重い責任をゆだねられることになります。さらに、大学病院は研究機関として、治験や様々な研究、実験を行います。研究分野における薬剤師の働きはとても大きなものがありますので、生半可なスキルでは業務を全うすることはできません。

こうしたことから、大学病院ではほとんどどこでも、しっかりとした研修制度を設けていて、効率よく知識と実践による経験を積み上げられるようにしています。もともと、多くの大学病院では、薬学生を受け入れて実践的な研修を実施しているケースが多いので、教育という面では優れたカリキュラムを持っています。また、教育に対する考え方が積極的ですので、薬剤師の能力向上のために、様々な取り組みをしているところが多くなっています。

大学病院で行われている薬剤師の研修にはいろいろな種類がありますが、基本となっているのは最新の医療や薬学事情についての講習会でしょう。これは、薬剤師限定のものではなく、研修医や看護師などが参加して、総合的な最新の知識を増し加える場となっていることが多いでしょう。そして、薬学部内での研修も実施され、具体的な業務の進め方や薬剤の取り扱い方などを教えられます。より現場の雰囲気に即したものとなりますので、学んだことをすぐに現場で活用することができて、生きたスキルを身に着けることができるでしょう。

また、学会への出席、珍しい症例に関する研究会や現場見学などを数多く経験できるのが、大学病院で働くメリットとも言えるでしょう。一般的な病院では経験することが珍しいケースなどにも遭遇することが多いので、より深い見識を身に着けることができるでしょう。このように、大学病院では、体系的な研修制度が実施されていることが多く、薬剤師としてのスキルを向上させるのに理想的な環境となっています。もちろん、病院ごとにその特徴や教育への姿勢が異なりますので、転職を決める前に、事前に情報を集めて納得できるものかどうかを確認すると良いでしょう。

好待遇の大学病院の薬剤師求人をお探しならこの転職サイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド