病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

大学病院の薬剤師の年収はどれくらい!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る

最先端の医療施設が充実しているというイメージが強い大学病院ですから、そこで働く薬剤師も、さぞかし高い年収を得ているのではないかと考える人も少なくありません。確かに、大学に併設されている病院で仕事をすることによって、毎日多くの症例を直接経験することができます。大学病院には外来患者さんだけではなく入院している患者さんなどもいますから、短期間のうちにたくさんの症例を経験して、薬剤師としての経験値や知識、実力をアップすることも可能です。しかし、経験が少ない薬剤師にとっては、大学病院での年収は、あまり期待することはできません。

大学を卒業して国家資格を取得したばかりの新米薬剤師なら、狭き門を突破して大学病院に勤務することができても、最初は研修生という扱いになるため、長時間の拘束とは対照的に、給料はほぼゼロに近い状態が数年間続きます。雇用形態も非常勤扱いが多く、金銭的にある程度の給料が必要な人にとっては、大学の病院は適していないかもしれません。調剤薬局のほうが、はるかに高い給料を期待できます。具体的にどのぐらいの年収になるのかというと、全国における薬剤師の平均年収は500万円程度ですが、大学の病院勤務の場合にも、全国平均と同じぐらいになることが多いようです。ただし、この平均は無給に等しい研修生の給料も入っていれば、役職についているベテランの給料などもすべて入っている数字です。実際に自分がどのぐらいの給料をもらえるのかは、転職先の基準や、自分の経験や実績などによるところが多いといえるのです。

少しでも高い給料で転職したい場合には、自分一人で転職活動をするよりも、転職エージェントサイトなどを活用して転職活動したほうが良いでしょう。転職エージェントサイトなら、薬剤業界の転職には精通しているプロのエージェントが専任で転職活動をサポートしてくれます。経験や実績に合わせて、求人よりも高い年収が期待できる場合には、代理で待遇や給料の交渉をしてもらうことも可能です。自分では言い出しにくいことも代理で交渉してくれるので便利です。仕事をしながら転職活動している人なら、面接日や入職日の調整もしてもらうことができます。忙し働く転職者の手となり足となりサポートしてくれるので、利用者もかなり多いのです。また、コネがあると強いと言われている大学病院への転職なら、転職エージェントがコネとなってくれることもあったりするのです。

年収の良い大学病院の薬剤師求人をお探しならココがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド