病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

大学病院で働く薬剤師の昇給は!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る

大学病院の薬剤師の収入は薬剤師が仕事ができる職場の中では平均水準レベルの職場です。先端医療設備が導入されており、収入的には高いイメージがある方もいるかもしれませんが、基本的には民間の総合病院などとも同じ水準です。初任給では月収で25万円前後からスタートするのが一般的で、年収ベースでは350万円から400万円ほどとなります。そこから昇級していきますが、30代に入ると年収400万円から450万円ほどとなります。

30代後半に入ると500万円に到達し、40代で500万円から600万円ほどという流れになるのが一般的です。管理薬剤師という薬剤師をまとめるマネージャー職になると600万円台も比較的視野に入りやすくなります。また、薬剤全体を統轄する薬剤部長になると年収700万円前後となります。これには周りの方よりも優れた実績とスキルが必要になるため、なるのは難しい面もありますが、仕事を頑張りたい方はチャレンジすると良いでしょう。

また、有名大学の病院の薬剤部長はより年収が高くなる事もあり、年収700万円から800万円程になる場合もあります。年収1000万円はかなり難しいケースではありますが、有名大学で大きな成果を残せば可能性としてはなくはありません。こちらも狭き門ではありますが、目指してみるのも良いでしょう。基本的にはこのように年齢を重ねるにつれて大学病院の収入は段階的に上がっていきます。職場環境も整っているため、比較的長く仕事をしやすい職場と言えます。

大学病院は収入以上に職場で携われる仕事に魅力を感じる方も多い職場です。薬剤師としての調剤業務以外にも、病院内で先端医療の研究も盛んに行われているため、そうした知識やスキルも身に付けていく事ができます。昇級に物足りなさを感じてきたら、身に付けたスキルを元に製薬会社の研究開発職などのより収入が伸びやすい職種に転職するのも良いでしょう。そうした職種の土台となる経験を積める環境が、大学病院の薬剤師の仕事にはあります。

大学病院の薬剤師の求人は転職サイトでチェックする事ができます。全国の大学病院で求人が定期的に募集されています。数は多くないものの場所を広めに考えて検討していけば見つかる可能性も高くなります。また、最近は薬剤師専門の転職サイトなども登場していますが、こうしたサイトでは多くの情報をアドバイザーから聞く事ができ、転職活動の参考になります。大学病院への転職事例などもないか相談してみるのもお勧めです。

好待遇の大学病院の薬剤師求人をお探しならこの転職サイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド