病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

大学病院の薬剤師の仕事内容

→薬剤師求人サイトランキングを見る

大学病院は病気になっている患者さんへの対応の他にも、研究機関としての役割も持っています。現代医療はまだまだ研究がされており、それに伴って新しい医療技術や新薬の開発なども行われています。大学病院の薬剤師の仕事も調剤薬局や総合病院などの仕事とはまた違う、幅広い業務に携わる事になります。仕事は忙しくなる事もあるかもしれませんが、その分薬剤師としての経験やスキルも幅広く身に付き、あなたの将来的なキャリアにも大きく役立ってくれます。

業務のまず一つ目としては調剤業務です。こちらは一般的な調剤薬局などでの薬剤師の仕事と同じく、患者さんに薬の調剤を行います。患者さんとコミュニケーションを取り、服薬指導を行う事もあります。病院には様々な病気の患者さんが来院するため、幅広い知識が必要になる事も多いです。仕事をしながら身に付けていく必要がある事もあります。また、医師や看護師との距離が近いため、お互いに連携を取りながら患者さんの薬について検討します。

次に薬歴の管理です。入院している患者さんなどは異なる診療科で別々の薬を処方してもらっている場合もあり、薬剤師が患者さんのこれまで服用してきた薬の情報を管理し、今後の治療に役立てていきます。薬は合わせて飲むと副作用が起こる場合もあるため、こうした事を未然に防ぐためにも薬歴管理は大切な業務になります。どちらかと言うと事務的な面もある仕事ですが、これも薬剤師の仕事の一つです。

また、チーム医療のカンファレンスへの参加もあります。大学病院含めて最近注目されている医療の形態にチーム医療というスタイルがあります。これは医師や薬剤師、看護師でチームを作って患者さんの医療に当たっていくというスタイルです。それぞれの専門分野のスキルを生かして質の良い医療を提供する事ができるため注目が高まっています。こうしたチームで仕事を行う際はお互いの連携が必要となるためカンファレンスが開かれています。薬剤師もこれに参加し、医師や看護師とお互いに情報共有を行います。

ここに挙げた以外にも病院薬剤師の仕事は幅広くあります。そのどれもが大切な仕事で、あなたの薬剤師としてのスキルの向上にも役立ってくれます。病院は医療の最前線の現場であり、学ぶ事も多くあるためやりがいも非常に大きな仕事です。転職で検討する際はあなたの理想とするイメージを描きながら仕事を検討していくと良いでしょう。転職サイトでも病院薬剤師の求人は豊富に見つける事ができます。

大学病院の薬剤師採用情報をお探しならこの転職サイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド