病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

大学病院の薬剤師求人をお探しの方へ!

→薬剤師求人サイトランキングを見る

薬剤師のあこがれの職場の一つとして人気がある大学病院。その大学で薬学を学び、そのまま大学に併設されている病院で仕事をしたいという人は少なくありません。自分が在籍している大学に併設されている大学病院で仕事をしたい場合には、在籍中から採用につながりやすい研究室を選んだりする方法もありますが、在籍していなかった大学の大学病院へ薬剤師として採用されるのは、なかなか簡単ではありません。その理由は、やはり大学併設の病院では、その大学の出身者が優先的に採用されてしまうからです。

もし、大学関係者にコネや口利きがある場合には、ぜひお願いしてみるのも良いでしょう。最近では全国的に大学の薬学部も多くなり、それに伴って、卒業後に大学に残り、併設されている病院で勤務したいという人も増えています。その為、今後も激戦は続いていきそうです。

しかし、外部からの求人募集もゼロというわけではありません。それぞれの大学病院において、毎年採用される人数はとても少ないことも多く、毎年数人しか採用されないという大学も少なくありません。求人募集が行われているなら、採用のチャンスはゼロではありません。できるだけ採用につながりやすい方法で転職活動をしたいものです。求人募集の探し方ですが、大学系の仕事は、ほとんどが非公開として公開されるので、ハローワークで仕事探しをしても、こうした仕事を見つけることはできません。非公開求人もたくさん取り扱っている転職エージェントサイトなどを活用して転職活動をしたほうが、効率的ですし、効果的だといえるのです。

薬剤師の仕事に限ったことではありませんが、大学病院の職員の多くは、正職員ではなく非常勤として雇用されていることが多いものです。非常勤と言っても拘束時間は正職員と同じぐらい長かったり、それ以上に長かったりするわけですが、正職員よりもパートとしての雇用者が多いことも念頭に入れておくべきです。パート求人だからと敬遠せず、雇用形態に関わらずにチャレンジしたほうが、採用にはつながりやすいといえます。ちなみに、パート勤務になると、ボーナスや有休などの福利厚生を受けることができなくなってしまいます。健康保険や厚生年金の取扱い方も異なりますから、こうした部分はしっかり事前にリサーチしてから転職活動をするようにしましょう。転職エージェントサイトのアドバイザーに相談するのも一つの手段になってくるのです。

大学病院の薬剤師について!

→薬剤師求人サイトランキングを見る

・大学病院の薬剤師の募集を探す
・大学病院の薬剤師に採用されるには
・大学病院の薬剤師の年収相場
・大学病院の薬剤師の待遇
・大学病院の薬剤師の仕事内容
・大学病院の薬剤師に転職をお考えの方
・大学病院の薬剤師の退職金
・大学病院の薬剤師の昇給
・大学病院の薬剤師採用試験について
・大学病院の薬剤師の研修について
・薬剤師に人気の大学病院(首都圏編)
・薬剤師に人気の大学病院(関西編)

大学病院の薬剤師求人をお探しならこの転職サイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド