病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

東京の病院薬剤師の求人募集をお探しの方へ!

→薬剤師求人サイトランキングを見る

医薬分業が進んだ医療の世界では、病院から薬剤師の姿が消えてしまいました。薬剤師の多くは、院外薬局に移ることを余儀なくされたのです。それでも、病院から薬剤師が全くいなくなったわけではありません。医大の付属病院や、総合病院などでは薬剤師が病棟薬剤師として薬の調剤にあたっているのです。

このような病院薬剤師ですが、薬剤師の卵の就職戦線では病院薬剤師が一番の人気となっています。それには様々な理由があるのですが、ここでは東京の病院薬剤師の求人状況について見ていきます。

ご存知の様に東京は日本で一番人口の多い都市です。ということは病院の数も多く、薬剤師を求める病院が多いのではないかと予想されます。一方で人口が多いと言うことは大学も多く薬剤師を多く輩出しているのも東京なのです。このように薬剤師の需要も供給も多いように思われる東京ですが、その需要の方に問題があります。それは思うほど病院薬剤師の需要は多くないのです。普通の企業でしたら、毎年一定数の求人を確保することが一般的ですが、病院薬剤師の場合はそうではありません。病院の薬剤師は、薬剤師が退職しないかぎりは求人枠を確保できないのです。病院の規模を拡大する、たとえば病床数を増やすようなことが無い限り病院薬剤師の増員は望めません。

一時期、個人病院の乱立ブームがあり、それにともなって調剤薬局も増え、薬剤師の確保に躍起になった経緯から、薬剤師の売り手市場という言葉が広まりました。現在でもこの風潮は地方では生きていますが、都心部ではそのような売り手市場という状況ではなくなっています。

新卒の薬剤師の卵、または転職を希望する薬剤師が、病院薬剤師を目指す場合は、過酷な競争を勝ち抜いていかなくてはいけません。新卒の場合は大学の求人情報などから病院訪問などをしていけばいいでしょう。

しかし、現在はそれだけでは目当ての病院薬剤師になることは難しいのです。東京の病院薬剤師事情は、病院側も新卒で何も経験のない薬剤師よりも、経験のある転職希望の薬剤師を求める傾向があります。そのため東京の病院薬剤師の求人事情は、新卒も経験者も横一線か経験者のほうが有利という状況にあります。現在では、インターネットに薬剤師専門の転職サイトがあります。転職サイトといっても新卒OKの病院も多く、新卒者も薬剤師転職サイトを活用すればいいでしょう。

薬剤師専門の転職サイトはたくさんあります。やはり絶対数では東京で病院薬剤師を目指すことが近道かもしれません。転職サイトを眺めてみると、薬局薬剤師やドラッグストアの薬剤師の求人の多さに驚き、病院薬剤師の少なさにさらに驚くこととなります。

新卒の人の場合は期限というものがありますが、転職者の場合は現在の職を続けながらチャンスをじっと待つほうがいいかもしれません。転職サイトの多くは、自分で求職活動するだけではなく、会員登録をすることで、病院側から自分自身を探してもらう機能もあります。登録をしておくと、病院から思わぬ問い合わせがあるかもしれません。登録は無料ですから、登録をしておいたほうがいいでしょう。

東京の病院薬剤師の求人を掲載している転職エージェントをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド