病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

病院薬剤師の平均年収はどれくらい!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る

今では薬剤師は、人気の職業として定着しています。もともと医療機関は人気のある業種であったのですが、その業種の中でも薬剤師は特に人気の高いものとなっているのです。それはネットなどの転職サイトを見るとよくわかります。

今では薬剤師専用の転職サイトまで出来ている状況なのです。薬剤師は就職・転職に有利で、長く売り手市場とよばれてきました。その状況は今でも変わらないといえるでしょう。

それでは、薬剤師の収入について見てみましょう。人気の薬剤師の年収は果たしてどのようなものなのでしょうか。ここでは薬剤師の中でも、病院薬剤師に重点を当てて説明しています。それは、薬剤師が目指す職場の中で一番の人気が病院薬剤師であるからです。売り手市場とよばれる薬剤師の仕事の中で、人気のある病院薬剤師は、人気があるので競争も激しく、就業するには狭き門となっています。

これは製薬会社に就職・転職を望む薬剤師にも同じようなことがいえます。とういうことは昨今の薬剤師の就職・転職の売り手市場を作っているのは調剤薬局や、ドラッグストアということになるのです。そこで、当サイトでは病院薬剤師にスポットを当てて詳しくその実態を考察していきます。

病院薬剤師の平均年収は、様々なデータがありますが450万円から600万円とされています。これは薬剤師を全てひっくるめた平均年収になります。一般的に初任給から考えると、病院薬剤師の初任給は20万円、薬局やドラッグストア、製薬会社の初任給は23万円〜となっていますので3万円の開きがあります。調査会社の試算によると薬剤師の生涯賃金は、製薬会社が最も多く、次いでドラッグストア、そして薬局、病院薬剤師となるようです。生涯賃金でも病院薬剤師は他の職種よりも少ない状況です。

それでも薬剤師が病院薬剤師を選ぶのはその仕事の安定性に他なりません。病院は、製薬会社や薬局から見て、上お得意様になるので立場が上となります。そして新薬の調剤をする機会が多いのも研究志向のある薬剤師には人気なのです。

病院薬剤師の平均年収は40歳後半から50歳前半でピークを迎えるのが一般的です。そのピークの年収でも600万円から800万円と勤める病院によって差があります。薬剤師は転職をしても比較的前職の収入が考慮されます。

薬剤師になるための現在の薬科系大学、薬学部の修業年限は6年となっています。学費も理系の学部の中でも高く、それを6年間払った学費の合計を考えても、その後の薬剤師の平均年収は決して高いとはいえません。それでも薬剤師を目指す人は公務員を目指す人と同様、収入の高さよりも安定した生活を目的としているのでしょう。もちろん病院薬剤師には常に新しい情報に触れる機会がたくさんあります。そのうえでも病院薬剤師は収入よりもやりがいを求める人が多いと言うことがいえるかもしれません。

高年収の病院薬剤師の求人は転職エージェントでご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド