病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

病院薬剤師の担う役割とは!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る

病院薬剤師の病院内での調剤は、薬局とほぼ同様ですが、病院薬剤師の場合は、入院患者における調剤が主な業務となります。薬局では患者が薬局を訪ねなければいけません。薬局薬剤師はただ、患者が来局するのを待っていればいいのです。

しかし病院では薬剤師が患者のベッドサイドに出向いて調剤した薬の効果や服薬の方法について説明しなくてはいけません。その際、患者が不安に感じることのないように、服薬することで現在かかっている病気にたいしてどのような効果があるかなどを詳細に説明するのです。中には副作用について説明する場面があるかもしれません。

そのような際も、患者の不安を煽ることのないように説明しなくてはいけません。「副作用はありますが、服薬することで現在のかかっている病気が改善されていきます。」というような説明を患者にわかりやすく説明しなくてはいけないのです。しかし、考えたらこれこそが薬剤師の本来の姿であり、薬剤師に求められる真の姿だということできます。

病棟では、医師と看護師とその患者の治療方針について話し合う場面が多くなるでしょう。医師の指示に従うばかりではなく、薬剤師としての専門的な知識から、患者に対しての最適な薬の使用について提案する場面は多くなってくると思います。これこそが医薬分業のあるべき姿といえるでしょう。

またその話し合いの中では、服薬している薬について副作用が出ていないかどうかは当然、話されることになります。服薬についての副作用は避けて通れないものがありますが、それについては、医師と看護師、薬剤師の医療チームで医師の統一を図っておかなければならないのです。

医療方針のぶれが患者の不信感につながることはよくあります。そして昨今問題になっている医療事故を防ぐためにも、医療チーム一丸となっての意思の疎通が大切になってくるのです。

また病院では、点滴や注射をすることは基本的な業務として存在します。これらは一般的に内服薬よりも患者の体調の回復に効果があり、その準備の段階で薬剤師の役割が高くなっています。これは注射薬も点滴も医師の処方せんより調剤されるものだからです。このことから薬剤師が処方せんを確認したうえで、必要な薬剤を揃え、調剤する病院が増えてきました。

点滴や注射薬の準備も薬剤師の大切な役割になってきたのです。このように病院薬剤師の病院での存在感は増すばかりといえます。薬剤師になるためには大学で6年修業が必要になり、平成24年度から順次、6年間教区された薬剤師が社会に出てきます。

これからの薬剤師はより専門性を向上した専門薬剤師としての役割を期待される存在になっていくのでしょう。

やりがいのある病院薬剤師の求人は転職エージェントでご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド