病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

病院薬剤師の退職金はどれくらい貰える?

→薬剤師求人サイトランキングを見る

薬剤師に限らず、一般の企業でも退職金はとてもナーバスな問題です。当然ですが、退職金は正社員にしか出ません。パートや時給者には支給されないのが一般的です。長年の勤務に感謝して寸志程度のお金が出ることはありますが、社内規定による計算されて金額ではないので退職金とは言えないでしょう。

病院薬剤師の退職金はどうでしょうか。最近では1年契約といった、派遣薬剤師やパート薬剤師も増えているようですが、ここでも正規に雇用された病院薬剤師の退職金について考察します。

病院も一般の会社と同じように就業規定というものを定めています。その中には、就業について事細かな内容が定められています。賃金についても同様です。しかしここに、退職金についての記述がなければ、退職金制度は無いということになります。退職金の記述があっても、計算内容が詳細に記述されてなく、そのときの経営判断による、という記述であれば、退職金の予測はまったくつかないといっていでしょう。就職・転職の際に、募集要項に「退職金制度有り(勤続3年以上)」と書いてあることは多いですが、肝心なのはその内容ということを覚えておいてください。

大企業であれば35年勤め上げて、退職金が数千万円ということはよく聞く話です。病院薬剤師も、大学病院の薬剤師、公立・国立病院の薬剤師であれば数千万円はともかく、1千万円を超える退職金は楽に可能だと思います。

しかし、一般の病院薬剤師であれば、これよりも少ないことが一般的です。退職金は、組織が大きくなるほど社内規定が厳格になりますので、必然的に退職金などの記述も明確で、計算方法なども公開していることが多いです。それでもそのような病院は一握りで、求人数に対して求職者数の多い、買い手市場といわれる世界なのです。

一般の病院ではそこまで、退職金について細かく記述していないところが多いでしょう。薬剤師は、長年の人気から、いつでも転職できると思われがちです。実際には売り手市場ですからそうなのですが、転職を繰り返すごとにもらえる退職金は目減りしていくということも覚えておいてください。どういうことかというと、退職金は勤続年数で決まるからです。規定によっては勤続が9年と10年では、もらえる退職金に百万円近い差が出ることもあるのです。

就職・転職の際に退職金の有無は聞くことができても、その詳細を聞くのはなかなか難しいでしょう。気になるときは、転職サイトのコンサルタントに聞いてもらうほうが角が立たなくていいでしょう。実際にそういうケースは増えてきているようです。せっかくの病院薬剤師の仕事、退職金が出るほうがモチベーションもあがりますから無視できない問題です。

好待遇の病院薬剤師の求人を掲載している転職エージェントをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド