病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

名古屋の病院薬剤師の求人募集をお探しの方へ!

→薬剤師求人サイトランキングを見る

日本の三大都市圏の一つ、名古屋での病院薬剤師の求人状況はどのようになっているのでしょうか。病院薬剤師の現状をいうと、名古屋も東京や大阪と同じ状況といえるようです。薬剤師の求人は、薬局薬剤師の不足から、長い間薬剤師の売り手市場の状況が続いていました。一方、説明してきたように、病院薬剤師の求人は都市部を中心にほぼ飽和状態といい状況になっています。

これは東京、大阪に続いて名古屋でも同様で、都市部の病院薬剤師の求人は、退職者に対する欠員の補充というのがほとんどのようなのです。薬剤師はその業務内容や、専門性の高さから、転職に有利な職種といわれてきました。それは現在でも状況はかわりません。

薬剤師の転職専門サイトを見てもその求人数の多さから、薬剤師の転職傾向の高さを伺い知ることができます。いつでも職場を変えることができる、という意識が薬剤師の気持ちの中にあるのは事実でしょう。医薬分業が進む中、薬局薬剤師を中心に薬剤師の売り手市場が続いています。平成24年度は、初めて6年制の薬剤師が社会に巣立ちました。

病院も病院薬剤師の確保に動いたようで活発な就職戦線だったようです。しかし、これは特需ともよばれていますので、状況が一変したということではないという意見が一般的です。

学生が病院薬剤師を目指す場合は早い段階から情報収集をしておいたほうがいいのはいうまでもありません。転職希望の薬剤師については、業界の情報も掴みやすいでしょうから、長い目で就職活動を行ったほうがいいでしょう。

東京や大阪に比べて、名古屋地区は薬系大学が少なく、病院薬剤師を目指す薬剤師の競争も少しは緩やかなようです。それでも希望した病院に入るには、競争に勝ち抜いていかなくてはいけません。病院が出す、求人情報には「新卒者OK」「未経験者歓迎」と書いてあることが多いのですが、本音は手間のかからない経験者を求めていることが多々あります。

ある薬剤師専門の転職サイトの愛知県の病院薬剤師の求人数は200件でした。これが総数ではありませんし、幾多の転職サイトがあります。多い数字ではありませんが、名古屋市や愛知県の薬系大学が4校ということを考えると競争率もそれなりというところでしょうか。

ただし、薬局薬剤師が病院薬剤師を希望するケースが近年増えてきているといわれています。就職戦線は新卒だけではなく、転職者もいれての厳しいものとなっているのが現状です。最近のニュースで、医薬品のネット販売が容認される判決が出ました。これは場合によっては販売専門のドラッグストアに薬剤師を配置しなくてもいい状況になりますから、これからの薬剤師を取り巻く環境に何らかの変化があるかもしれません。

いずれにしても、大都市圏である名古屋で病院薬剤師を目指すのであれば、薬剤師専門の転職サイトで、求人を探すのが全体の状況を把握するうえでも有効だと思います。また、病院側も薬剤師を探しています。求職する側も自分を探してもらえるように、転職サイトにプロフィールを載せることができますので是非活用したいものですね。

名古屋の病院薬剤師の求人を掲載している転職エージェントをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド