病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

病院薬剤師へなるための面接対策にお困りの方へ!

→薬剤師求人サイトランキングを見る

一昔前は、新卒の薬剤師の就職先のトップは病院でした。しかし、ご存知のように医薬分業が進んだ結果、薬剤師が調剤薬局に就職するケースが増え、現在ではほぼ半数の薬剤師が調剤薬局に就職している状況です。

一方、病院からの求人はかなり現象しましたが、薬剤師の就職希望先のトップは病院ですので毎年、病院へ就職する際の競争倍率は高くなっています。病院への就職希望者が多い理由は、調剤薬局にはない、様々な経験ができるからです。その中でも医療チームの一員として医療に参加できるのは、薬剤師の仕事としてとても人気があるようです。

このように人気の高い病院薬剤師ですが、就職希望者が多いことから年々、病院への就職は狭き門となっているのです。都心部では飽和状態で、病院勤務を強く希望する学生は、場所をいとわず、どんどん地方に就職活動に出かけているようです。

そのような人気の病院薬剤師なのですが、その就職方法は一般の学生の就職となんら変わることはありません。就職活動では、筆記試験もありますし、面接試験もあります。筆記試験については毎年の傾向を頭に入れながら自分で勉強をするしかありません。ここでは面接対策について説明しましょう。

面接では基本的なことが大事です。世間一般の常識をもっているかなどは必ずチェックされる項目です。具体的には、遅刻をしないということです。面接時間、集合時間の遅くとも15分までには着いておいたほうがいいでしょう。また、面接は夏場など暑い時期に行われることが多く、昨今はクールビズなどの関係でノーネクタイ、ノースーツという病院もあります。これはこれで悩ましく、服装をどうしようか悩むところだと思います。基本的には相手に不快に思われないことです。突飛な服装で印象に残すことを考えるよりは、自分の考えをアピールして記憶に残るようにしたいものです。服装は一般的にはスーツで、状況に応じてネクタイを外すくらいでいいでしょう。女性の場合もスーツが無難であることはいうまでもありません。

面接時の質問ですが、「薬剤師になった理由」「病院志望の理由」「どのような薬剤師になりたいか」などは基本として聞かれます。大げさにアピールする必要はないのですが、何か一つ採用担当者の心に響くような言葉をさりげなく使えたらいいですね。薬剤師になった理由などは、自分のエピソードを交えて説明したら印象深く、心に残ると思います。どのような薬剤師になりたいのか、病院薬剤師でしかできないことがたくさんあるので、その一つを取り上げて深く説明すればいいでしょう。

面接については自分なりの問答集を作っておくことは大切だと思います

面接対策なら薬剤師転職エージェントにお任せ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド