病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

病院薬剤師の在宅医療とは!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る

日本では超少子高齢化が進んでいます。医療業界もそれに合わせて在宅医療の充実をはかっています。訪問診察や訪問介護などには不備があるものの、少しずつ整いつつあります。しかし、専門的医療スタッフが少なく、在宅医療の充実には程遠い状況です。在宅医療の需要が増していくことは確実であり、市場規模はとてつもない規模になりそうです。これをビジネスと捉えている企業もあり目が離せそうもありません。

在宅医療の中心となるのはドクターです。また、看護師も医師に同行して各家庭を訪問します。作業療法士や理学療法士などのリハビリ技師による在宅訪問も増えていくことが予想されます。そして、ここにきて注目を集めているのが病院薬剤師の在宅医療です。病院薬剤師が各家庭を回ることです。

現在では、病院薬剤師の在宅医療は例外中の例外でしょう。ただ、実践している病院によると思わぬ効果を上げているようです。患者の中には、規則正しく服薬をしてくれない人がいます。病院薬剤師が訪問して確認することにより、服薬状況を把握することができます。せっかく処方した薬を服用してくれなければ、効果は限定的になります。超高齢化社会の象徴である老人ホームへ病院薬剤師が出向き、服薬指導することにより、老人の誤飲を防ぐことができます。施設スタッフの薬に対する啓蒙効果も期待できるようです。

病院薬剤師はチーム医療の導入とともに、今までにない新しい業務を受け負っています。活動範囲はあくまでも院内に限られています。これからは外に出て、積極的に患者と関わって行くことが求められる時代なのかもしれません。

病院薬剤師の需要は今後、ますます増えて行くことが予想されます。まだ数少ない訪問薬剤師ですが、ライバルが少ない今が訪問薬剤師の先駆者になるチャンスかもしれません。病院薬剤師として在宅医療の専門家としてやっていくのも一つの方法ではないでしょうか?しかし、病院薬剤師の在宅医療を行っている医療機関を探すのは至難の業です。一人で探すのはもちろん、ハローワークで見つけることもできないでしょう。

そこで利用してほしいのが薬剤師転職エージェントです。病院薬剤師の在宅医療など稀な求人も確実に探してくれます。業界に精通したプロの転職アドバイザーがリサーチします。どの地域に住む薬剤師も安心して利用することができます。まずは会員登録から始めてください。きっとご希望の病院薬剤師が見つかると思います。

在宅医療の職に就きたいのなら転職サイトに相談しよう!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド