病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

病院薬剤師の服薬指導とは!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る

病院薬剤師にとって、服薬指導も大切な業務です。医師の処方せんより、薬を調剤し、患者に渡った薬を安全かつ正しく服用・使用してもらうために行う指導のことを服薬指導とよんでいます。医療機関によっては、この服薬指導を薬剤管理指導と、別の表現を用いています。

医薬分業以前は、薬を処方した医師がその薬に関して患者に服薬指導をすることが一般的でした。しかし、その説明は十分とは言えないことが多かったのです。近年の病気の多様化、そして急激な高齢化社会の到来とともに、使用される薬剤の多様化、また調剤の複雑さも相まって、医薬分業が促進された経緯もあります。

医薬分業は、薬剤師のさらなる負担を強いるものでしたが、医療機関の中ではどちらかといえば縁の下の力持ちであった薬剤師の職業を陽の当たる場所へ引っ張り出すことになったのです。確かに医薬分業によって薬剤師の負担は増えましたが、それまで以上に活躍の場が広がったことも事実であり、薬剤師の需要も増えていったのです。

現在では、調剤した薬を入院患者に手渡すのは病院薬剤師の仕事です。そのため、医師の処方せんからその入院患者がどういう病気でどのような症状なのかを把握しなければなりません。そして、服薬指導の際に入院患者の状況を観察し、どのような健康状態であるかも確認するのです。服薬指導においては、患者と直接会話をすることになります。医師の処方せん、看護師からの情報とは違った、薬学的な見地からさらに自分で情報を収集しなければいけません。

それは、たとえば患者の体質などもそうです。事前に聞き取りはしていると思いますが、会話の中で改めてアレルギー歴や食べ物の嗜好、常用している市販の医薬品、健康食品、サプリメントなどは聞き出しておきましょう。さらに、喫煙歴なども重要な情報です。また、生活リズムなど詳細な情報を聞き出すことで、調剤した薬をきちんと服用してもらうための服薬指導を行います。

食前食後などの服薬のタイミングは要所要所できちんと説明しなくてはなりませんが、日常的な会話の中で説明することで患者の病気に対する不安感を取り除いてあげることが大事です。これは会話術にもよるのですが、経験を積み重ねることで会話のテクニックは上がっていきます。一つだけ気をつけなくてはいけないことは、副作用の説明でしょう。どのように調剤した薬でも、大なり小なり副作用はあります。眠気を引き起こすことは薬の副作用としてもよく引き合いに出されることです。

副作用の説明は患者を不安にさせるものですが、正しい情報をきちんと説明することが服薬指導です。病状に合わせて副作用の説明もきちんと行うのも薬剤師の大切な業務です。

人気の病院薬剤師求人情報が豊富!オススメのサイトはコレ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド