病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

病院薬剤師の将来はどうなっているのか?

→薬剤師求人サイトランキングを見る

新卒の薬剤師が就職をする際の第一希望は製薬会社だそうです。2番目が病院薬剤師、3番目が保険薬局、それから一般企業、ドラッグストアと続いていきます。製薬会社が一番というのは安定志向の現れでしょう。製薬会社のほとんどは大企業です。それは薬の開発に何年もかかることから、それだけの長期的視野が持てる会社でなくてはなりませんし、体力のある会社でなければ会社の継続ができないからです。以上のことから安定感のある製薬会社は高収入も期待でき、一番人気の就職希望先となっています。

さて、2番目が本論の病院薬剤師です。ここでは病院薬剤師の将来性を含めてみていきましょう。薬剤師の卵の多くは、病院か保険薬局に勤めることになります。保険薬局からの求人数が多いので薬剤師の就職率はほぼ100%ということですが、病院薬剤師は人気が高く、求人数が少ないので狭き門となり競争率も高いです。

そのような人気の病院薬剤師の将来はどのようなものなのでしょうか。一般的にいわれていることを先に申し上げると、病院薬剤師は決して高収入ではないということです。そして年収のピークは40代後半、または50歳前後に訪れて、あとは緩やかに下降していきます。これは一般論ですが、薬剤師の構造的な問題と仕事の内容が若い人に向いていることなどが一因となっているようです。

平均的な年収も、大企業には比べるベくもなく低いです。年収は多くて800万円、少なくて600万円となっています。これは中小企業よりも若干高いというレベルです。

今後はいっそう医薬分業が進み、外来患者の処方は院外薬局で行うことが増えていくでしょう。もちろん病院薬剤師の需要はありますから、病院から薬剤師がいなくなることはありません。病棟薬剤師は現在では不可欠な存在となっているのです。

しかし需要はあっても、今後は欠員補充程度で、毎年安定して求人があるようなことは少なくなると予測されています。都心部ではすでに薬剤師の飽和状態が進んでいます。

地方の病院では薬剤師が不足しているところもありますので、病院薬剤師が希望であれば、地方勤務もいとわない姿勢が必要かと思います。これから病院薬剤師を目指す人は、地方の病院に活路を見いだしたほうがいいということです。ただし、それは誰でも考えていることなのですでに就職戦線は始まっているといっていいでしょう。

また、すでに病院薬剤師として働いている人の将来像はどうでしょうか。病院薬剤師としてのキャリアはどこでも高く評価されます。一般的な話になりますが、40歳までの転職はその経験から薬局などではひくてあまたという状況だと思います。それでも許すことなら転職はせず、病院薬剤師として定年を迎えるほうが一番よい選択といえるでしょう。

将来を見据えた求人を探すならエージェントに相談しよう!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド