病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

さいたま市内にある病院の薬剤師求人をお探しの方へ!

→薬剤師求人サイトランキングを見る

さいたま市内には、独立行政法人さいたま北部医療センターや埼玉メディカルセンター、さいたま市立病院、さいたま赤十字病院など、自治体や行政法人が運営している大病院から、中小規模の病院まで、たくさんの病院があります。東京にも隣接しているという立地でのメリットもあり、日本でも最先端の医療サービスの提供が積極的に行われており、病院薬剤師として働くうえでとても刺激の多い、学ぶことのたくさんある職場環境となっていると言っていいでしょう。

さいたま市内で病院薬剤師として働くメリットのひとつには、チーム医療の最先端で働くことができるということがあります。チーム医療とは、その名の通りチームで医療サービスを提供するということです。一般的な医療サービスとしては、医師が専門で行うものというイメージがありますが、チーム医療の現場においては、医師だけでなく、看護師や病院薬剤師、栄養士、臨床検査技師など、病院で働いているスタッフがひとつのチームを構成することで、総合的なアプローチを提供することが可能になります。

病院薬剤師は、チーム医療のメンバーとして、医薬品に関するプロフェッショナルとして貢献をします。患者の病状を細かくチェックしながら、それぞれの症状に最適な医薬品を選別したり、実際に調剤を行ったりするだけでなく、栄養士と協議を行いつつ栄養状態のモニタリングも行います。外来患者に対しては、自宅での暮らし方や生活環境についてのヒアリングを行い、それぞれのケースに合った服薬指導も行いますし、患者の日常生活の邪魔にならない医療サービスを提供すべく、試行錯誤を繰り返します。

ほかにも、医薬品のスペシャリストとして、病院薬剤師は病院で取り扱っているすべての医薬品について管理の責任を担います。どのような医薬品が院内で流通しているのかを適宜把握するとともに、在庫数についてもその遷移をこまめにモニタリングしながら、必要に応じて追加発注を行います。加えて、それぞれの医薬品に関する情報を提供するなど、医薬品をトータルに管理しています。

調剤業務についても、市販の医薬品だけでなく、院内で独自に調剤を行ったり、注射薬無菌調整や注射調剤なども担当するなど、まさに医薬品のジェネラリストとしてのパフォーマンスを行っています。このように、薬剤師としてのさまざまな可能性を伸ばすことができますし、自分のポテンシャルを高めていける理想的な環境で働くことができます。

さいたま市の病院薬剤師の求人を掲載している転職エージェントをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド