病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

川崎市内にある病院の薬剤師求人をお探しの方へ!

→薬剤師求人サイトランキングを見る

川崎市内には、川崎市立多摩病院・聖マリアンナ医科大学や川崎市立川崎病院、新百合ヶ丘総合病院などの大手の総合病院、大学病院から、民間・私立の病院まで、大小さまざまな規模の病院があります。薬剤師の資格を活用して働くフィールドとしては、調剤薬局で調剤業務を行ったり、ドラッグストアで市販の医薬品の仕入れや管理、服薬指導を行ったりなどのイメージが多いかもしれませんが、病院で病院薬剤師として働くという選択肢もあります。

病院薬剤師として働くというのは、一言で言うと医薬品に関するジェネラリストとして働く、ということです。どういうことかというと、調剤薬局で働く場合には処方箋に応じて調剤業務を行うことがメインとなりますが、病院薬剤師は調剤業務だけでなく、医薬品の情報管理や薬品管理、治験業務、チーム医療のメンバーの一員としての医療サービスの提供など、多角的なパフォーマンスが必要とされるのです。

そのため、これまでに豊富な調剤業務の経験があるというひとだけでなく、製薬会社や研究所などにおいて治験業務を担当した実績があるというひと、大学院などでさまざまな医薬品に関する勉強を行ってきたひとなど、医薬品に関するいろいろなバックグラウンドを持つひとに対して、比較的門戸が広く開かれている業界でもあります。転職活動を行うにあたって、病院薬剤師として求められる幅広い業務をすべてこなした経験があるということが求められるわけではなく、ある特定の分野に限定して深い知識や経験があるといったことでも構わないということです。

病院薬剤師として働くうえで求められるのは、なんにでもトライしたいというポジティブな意欲があること、そして医薬品を通じてより良い医療サービスを提供したいという強い想いです。これまでに多種多様な業務の経験があるに越したことはありませんが、まずは医療スタッフとして働きたいというメンタリティがあることがなによりも大切です。

病院薬剤師として働くにあたっての醍醐味のひとつが、チーム医療に参加することです。医師や臨床検査技師、看護師たちと一緒にチームを作って医療サービスを提供しながら、患者にできるだけ負担をかけない効果的な治療を行うのです。特に近年では、がんの治療の現場においてチーム医療が積極的に行われていますし、最新の医療技術においてはより多角的、総合的なアプローチを提供することが必要になってきています。そのため、病院薬剤師は今後ますます注目を集めるポジションになるでしょう。

川崎市の病院薬剤師の求人を掲載している転職エージェントをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド