病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

広島市内にある病院の薬剤師求人をお探しの方へ!

→薬剤師求人サイトランキングを見る

広島市内には、広島市立広島市民病院や広島市総合リハビリテーションセンターなどの病院があります。広島県内でも特に病院の数が多く、そのため、たくさんの病院薬剤師が活躍しているエリアです。これまでに病院薬剤師として仕事をしているひとであればすでに分かっていることではありますが、病院薬剤師というのは調剤薬局の薬剤師とは大きく異なる働き方が求められます。これから病院薬剤師の業界に転職活動を考えているのであれば、まずはその違いについて理解をしておきましょう。

調剤薬局の薬剤師と同じように、病院薬剤師も調剤業務を行っています。ただし、病院薬剤師は病院の診療科目数によっては、多種多様な医薬品を取り扱うことが少なくありません。いわゆる大病院と呼ばれているような総合診療を提供している病院の場合、病院薬剤師は毎日訪れるたくさんの外来患者に加えて、入院して治療を受けている入院患者のために、調剤業務を提供しています。もちろん市販の医薬品から処方を行うこともありますが、院内で独自に調剤を行う必要もありますし、注射調剤や注射薬の無菌調整などの付随的な業務も担当しています。

それに伴い、膨大な数の医薬品を適切に管理するのも、病院薬剤師の仕事のひとつです。調剤薬局に比べて在庫している医薬品の種類や点数も多いため、日々の処方に応じて在庫数の減少しているアイテムに関して適切に発注作業を行ったり、それぞれの医薬品の特性に合った保管方法を選定したり、患者に必要な情報を提供したりと、実にさまざまな業務を行わなければなりません。

そして、外来患者や入院患者に調剤した薬品についての服薬指導も行います。既往症などですでに処方されている医薬品があることもありますので、きちんとヒアリングを行い、副作用や中毒の発生が想定されるような場合には、処方の調整を行うなど、臨機応変な対応が求められます。特に外来患者の場合には、日常生活について把握しながら、患者にできるだけ負担を与えない配分での調剤を行います。

調剤薬局の薬剤師と病院薬剤師がもっとも異なるのが、病院で提供される「チーム医療」です。近年、病院では外来患者や入院患者において重篤な症状の患者を中心に、チームで医療サービスを提供する機会が増えています。病院薬剤師はチーム医療の現場において、医薬品に関する高い知識とスキルを武器として、効果的で患者への負担のより少ない治療方法の提案を行っています。

広島市の病院薬剤師の求人を掲載している転職エージェントをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド