病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

短時間勤務可の病院薬剤師求人をお探しの方へ!

→薬剤師求人サイトランキングを見る

子どもがまだ小さくてどうしても手が離せなかったり、親の介護などで一日中家を空けることができないという場合には、短時間勤務という働き方をしなければならなくなります。近年共働きの夫婦が増えたり、両親を引き取って介護を行う家庭が増えてきたこともあり、さまざまな職場において短時間勤務を許容するところが多くなっています。病院などの医療現場においても、多くの女性が活躍しているということもあり、短時間勤務OKとしている病院が増えています。

そのため、病院薬剤師求人においても、短時間勤務を認めている案件が少なくありません。この場合、朝は通常通りの時間に出勤して、夕方の早い時間に退社をする働き方か、お昼過ぎに出勤して定時まで働くといった働き方などの種類を選ぶことができます。職場によっては、比較的臨機応変に早番、遅番をチョイスできるとしているところもありますので、まずは採用面接の際に確認をしておくといいでしょう。

ただし、短時間勤務を行う場合には、勤務条件によっては昼休みなどの休憩時間が短くなる場合もありますので、職場によってはより集中して業務に取り組む必要が出てくることもあります。短時間の間により密度の高い成果を出すことが求められますので、ひとによってはプレッシャーを感じることがあるかもしれません。ただし、フルタイムのスタッフのように自分の希望と関係なく残業をしなければならなくなるなどの精神的な負担を感じることはほぼありませんので、気持ちの面でも割り切って働くことができます。

このような短時間勤務を積極的に受け入れているポジションとしては、調剤業務や医薬品の情報管理・在庫管理を行う部門が中心となっています。そのため、これらの部門においては、実力のある多くの女性が活躍しており、活気に満ちた職場環境となっているところが少なくありません。病院にとっても、調剤部門や医薬品の管理部門は、外来患者や入院患者のケアを行うための最大の窓口でもありますので、力のあるスタッフがより働きやすい環境を整えるべく、時短勤務やスポット業務など、求人案件もバラエティに富んだものがより多く提供されています。

最近では子育てを行う男性スタッフも増えているため、短時間勤務を選ぶのは女性だけの話ではありません。男女が平等にお互いの権利を行使することのできる職場としては、たくさんの女性が活躍している病院などの方が、環境の整備においては世間をリードしていると言っていいでしょう。

短時間勤務可の病院薬剤師の求人情報をお探しならこの転職サイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド