病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

残業が少ない病院薬剤師求人をお探しの方へ!

→薬剤師求人サイトランキングを見る

例えば、現在子育て真っ最中の薬剤師のひとのなかには、残業が少ない病院薬剤師の求人案件を探しているというひとがいるかもしれません。病院薬剤師がカバーしている数々の業務分担において、比較的残業が少ないポジションとしては、外来患者や入院患者のための調剤業務を行う部門や、薬品の管理を行う部門などがあります。

もちろん、病院には入院している患者がいるため、重篤な患者などの場合には24時間体制で調剤業務を行う必要性が出てくることもありますが、調剤業務については、医薬品の仕入れのスケジュールの関係もあって、土日や祝日などについては行われないのが一般的です。また、必要があれば日勤と夜勤に分けて業務を分担するなどのシフト調整を行うところが多く、相対的に残業を行う必要があまりありません。また、医薬品の管理部門についても同様で、製薬会社の営業に合わせてカレンダー通りの勤務スケジュールであるところが多く、常識的な時間帯での勤務になることが一般的です。

病院薬剤師の担当しているほかの業務としては、治験業務やチーム医療のメンバーとしてカンファレンスや回診など医療の現場に実際に参加することなど、幅広い業務がありますが、いずれのフィールドにおいても必要に応じて残業が発生するリスクがあります。そのため、採用面接においては、残業の少ないポジションで働くことの必要性をきちんと伝えておくことが大切です。面接の際にはその必要性がなく、採用後にそういった状況になったというのであれば、上司に説明をして配置転換を検討してもらうなどの方法があります。

最近ではワークライフバランスという言葉が注目されるようになってきました。これは、仕事とプライベートのバランスを適切に保つことによって、身体的な面だけでなく、メンタルの面においてもバランスの取れた、よりクオリティの高い暮らしを送ることの大切さが改めて認識されています。病院薬剤師をはじめとした医療業界においても、残業続きの生活のデメリットについて指摘される機会が増えているということもあり、残業の少ないシフト調整を行うところが多くなっています。

一昔前のように、文句を言わずに黙々と残業をすることが美徳だという考え方は次第にもてはやされなくなってきています。病院薬剤師の業界と言えども、QOLの向上が求められる時代になっていますので、今後はより働きやすい環境になることを期待してもいいでしょう。

残業が少ない病院薬剤師の求人情報をお探しならこの転職サイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド