病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

夜勤なしの病院薬剤師求人をお探しの方へ!

→薬剤師求人サイトランキングを見る

病院勤務の薬剤師は様々な業務を行います。通常の調剤作業や入院患者さんの投薬コントロールなどが基本となり、医師とともに治療に加わったり、治験に参加したりします。それぞれの業務内容によって、仕事のルーティーンと就業時間が異なりますので、自分の都合と合うかどうかをしっかりと考慮したうえで、仕事内容の希望を出す、もしくは病院を選ぶことができるでしょう。

たとえば、病棟勤務がメインとなる病院では、どうしても宿直、夜勤が多くなってしまいます。シフトも看護師と同じように、日勤と夜勤がミックスになったり、休日出勤が出てきたりします。就業体制という面では、一番不安定なものですので、体力的に負担がかかることもあるでしょう。また、家族がいるのであれば、仕事と家庭を両立するのが、十分な時間を取るという面で難しくなることもあるでしょう。もちろん、病棟勤務という条件で求人が出されていても、夜勤なしという病院も存在します。このようなケースでは、求人内容にはっきりと夜勤なしという項目が記載されていることが多いので、その項目に注目して転職先の病院を探してみると良いでしょう。

また、医師と協働してチームになって診療を行う業務をメインとしている場合は、比較的夜勤が少なめとなっています。外来における診療がメインとなりますので、就業時間が規則的で休日も固定となっているケースが多くなります。医療チームのメンバーとして働く分、責任も重いですし高度なスキルが求められることになります。また、薬剤師にとってとてもやりがいを感じられる業務ですので、この種の求人には人気が集まります。夜勤なしという条件だと、なおさら競争が激しくなることもありますので、十分な準備をした上で転職活動を行い、採用を勝ち取れるようにしましょう。

業務内容だけでなく、病院のタイプによっても、夜勤が多くなるかそうでないかをある程度見ることができます。たとえば、大学病院などは、いろいろな仕事がミックスされていることもあり、夜勤なしという条件では求人を探すのは難しいでしょう。しかし、通常の民間病院、しかも中程度の規模の病院であれば、薬剤師は日勤のみとなっているケースが多いので、重点的にチェックしてみると良いでしょう。ターミナルケアやがん診療などに力を入れていて、その現場に薬剤師が参加している病院では、夜勤が入ることが多く、一般的な診療をメインとしているところでは、夜勤が少ない傾向も見られます。

夜勤なしの病院薬剤師の求人情報をお探しならこの転職サイト!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド