病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

高収入の病院薬剤師求人をお探しの方へ!

→薬剤師求人サイトランキングを見る

病院で勤務する薬剤師の収入は、薬剤師が勤務できる職場の中では若干低めの傾向です。製薬会社、ドラッグストアは管理職に就けばかなり高収入になる事も多く、調剤薬局は薬剤師の平均水準、病院薬剤師は平均より少し下、もしくは平均水準となっています。額面だと年収400万円から500万円が一般の方の水準で管理職になると600万円ほどになります。700万円台は少ない傾向にはありますが、地域などによってはあります。一般的にはこのような傾向になっていますが、場合によっては病院薬剤師でも高収入を得られるケースもあります。

まずは薬剤師が不足している地域に転職をする事です。地方では薬剤師が不足している職場は比較的多く、そうした職場ではぜひ来て欲しいと考えている職場もあります。薬剤師として一通りのスキルを身に付けている方でも年収500万円から600万円となる事もありますし、管理薬剤師となると700万円台に届く場合も比較的あります。引越しを含めて転職を検討できる方は、こうした地方への転職も検討すると良いでしょう。

地方への転職は収入が高くなりやすく、比較的落ち着いて働ける環境が多いのもメリットです。都市部だと患者さんの数も多く、地方でももちろん多いですが都市部よりも慌ただしい雰囲気になっていない職場は多くあります。また、地方以外にも人手不足の場所があります。それは離島です。離島でも薬剤師が必要とされており、こちらは地方よりもさらに人手不足に陥っている地域もあります。こうした場所ではさらに収入が高くなりやすくなります。

離島の場合は年収800万円から1000万円も視野に入ってきます。薬剤師として一通りのスキルを身に付けているレベルではこの水準まではいかないにしても年収600万円から700万円、管理薬剤師としての豊富な経験とスキルがあれば800万円から1000万円も可能です。経験年数などで条件が設けられている場合もあり、経験年数10年以上で上記の高収入が視野に入ってくるというイメージです。離島は沖縄などをイメージする方は多いですが、日本全国にあります。東京や兵庫、など様々な所にあり、その場所によって年収も差があるので確認すると良いでしょう。

こうした高収入の薬剤師の求人も転職サイトでチェックする事ができます。数も場所を選ばなければ比較的あるため、気になる案件がないかをチェックしていきましょう。また、こうした地方や離島への転職はやはり分からない事も出てくる事が多いです。こうした場合は転職サイトのアドバイザーの方に相談すると、事例を元にしたアドバイスを行ってくれます。

高収入の病院薬剤師の求人情報をお探しならこの転職サイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド