病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

年収1000万の病院薬剤師求人をお探しの方へ!

→薬剤師求人サイトランキングを見る

病院薬剤師は薬剤師の中でも収入が高くなりにくい職場と言われています。一般的に薬剤師の仕事は臨床現場に近いほど収入が伸びにくいと言われており、まずは病院、次に調剤薬局などが高収入が難しいとされています。しかしあなたのスキルや経験によっては年収1000万円の可能性もあります。病院は人の命にも関わる使命感も大切な職場です。やりがいもとても大きな職場なのでそこにこだわりながらも年収1000万円を目指したいという方は、チャレンジする気持ちを持って仕事に取り組みましょう。

まず一つ目の道としては有名大学の薬剤部長です。薬剤部長は薬剤師を管理する立場で、薬剤師のマネージャー職に当たります。一般の薬剤師よりも収入的には伸びやすいですが、それでも年収1000万円に届くケースは少なく、700万円前後である事が一般的です。大学病院は全国にありますが、その多くがこうした年収で頭打ちとなります。ところが有名大学、一流大学の薬剤部長となると話は変わり、年収1000万円も可能性としてはあります。かなり狭き門ではありますが、チャレンジしたいという方はぜひ検討してみましょう。

もう一つ年収1000万円が狙える病院薬剤師としては、離島の病院で勤務する事です。沖縄の離島の他にも全国各地に離島があり、こうした場所では薬剤師が不足しています。条件面を上げてでも何とか来て欲しいという病院もあり、こうした離島での薬剤師は年収1000万円を超える事があります。一般的な薬剤師としてのスキルを身に付けているだけでは年収1000万円には届かず、一通りの薬剤師としてのスキルにプラスして管理職の経験も必要になります。経験年数10年以上が年収1000万円の応募条件となっている場合もあります。

ただし経験年数10年以上というのは年収1000万円が期待できる事を考えると比較的短い期間であると言えます。30代中盤の方でも応募ができるという事になるため、比較的多くの方にチャンスはあるのです。離島はもちろんこれまでの生活から大きく離れる事になるため、それが足かせとなって応募できないという方は多いですが、検討できそうな方は一度よく考えてみるのも良いでしょう。

このように、病院薬剤師として年収1000万円を目指す事も条件によっては可能です。有名大学の薬剤部長の求人は転職サイトにあまり掲載される事はありませんが、非公開求人としてスキルや経験が豊富な方に紹介がある可能性はあります。離島の薬剤師の求人は転職サイトでも比較的募集されているので、まずは求人情報を見ながら検討するのも良いでしょう。

年収1000万の病院薬剤師の求人情報をお探しならこの転職サイトがオススメ!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド