病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

病院薬剤師の魅力とは!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る

薬剤師の業務の基本は調剤です。これは薬剤師である以上当然のことです。調剤の基本的なことがわかっていないと、病院薬剤師の仕事の一つである病棟勤務が務まらないからです。

多くの病院薬剤師が病棟勤務を経験すると、薬剤師の仕事の概念が180度変わるという声もあります。それは少し、大げさで薬剤師に対する固定概念もあったかもしれません。それでも、ほとんどの薬剤師が病棟勤務を経験すると、処方せんの見方が変わるといっているのです。

これは、どういうことかというと、処方せんをもらい調剤するだけだと、処方せん上でどのような病気かを想像することができます。しかし、病棟勤務の場合は直に患者さんを目の当たりにするのです。与えられたまま調剤する処方せんと、直に患者さんを見ることのできる処方せんでは、その重みの違いに気がつくのだそうです。

医薬分業が進んで久しく、外来患者の処方せんが病院外に出されることが多くなりました。一方、病院の薬剤部で扱うのは、病棟患者すなわち入院患者の処方せんです。窓口に患者が処方せんをもって薬を受け取りにくる保険薬局とは違い、薬剤師が調剤した薬は薬剤師の手で、患者の待つ病棟に運ばれます。

そこで、薬剤師は自ら調剤した薬の、効能を説明し、服薬指導を行います。そして、副作用の説明もその場で行うのです。この際は患者にいたずらに不安をあおり立てることはなく、真摯に説明することが必要です。病気を直すためには、この薬が必要なことをきちんと説明しなくてはいけないのです。

患者を納得させる服薬指導ができるようになれば、病院薬剤師の病棟勤務としては及第点といえるのではないでしょうか。一昔前の薬剤師の業務の中に患者と接することはほとんどありませんでした。薬剤師はコミュニケーション能力に欠けるといわれていた時代です。

しかし現在の薬剤師にコミュニケーション能力はとても必要な要素です。薬剤師は病棟で患者と接することで、処方せんより、その患者をイメージしながら調剤をするようになるのです。病院薬剤師にとっての病棟勤務は薬剤師のキャリアにとってプラスになることはあっても決してマイナスになることはありません。

病院薬剤師は患者あっての業務です。患者とのコミュニケーションで成り立つ業務といっても過言ではないかもしれません。それが病院薬剤師の魅力であり、薬剤師になってよかったと思える瞬間なのかもしれません。病院薬剤師の魅力は、奥が深いですが、患者から一人の人間として信頼される人間になりたいですね。

病院薬剤師の求人をお探しなら以下のサイトが便利!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド