病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

病院薬剤師のやりがいはどこにある!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る

医薬分業の波の中で、薬剤師に求められるものはとても大きくなっています。そのような中で薬剤師は何をもってやりがいとすればいいのでしょうか。薬局薬剤師と違って病棟勤務のある薬剤師は患者と向き合う場面も多くコミュニケーション能力も要求されます。医療チームの一員として、医薬の専門家の立場としての発言を求められることも多々あります。

病院薬剤師が薬剤師としてのやりがいを感じるのは病棟勤務でしょう。一般の仕事でもそうですが、やりがいというものは評価されて初めて感じるものです。また、自分が行っていることに誇りが感じられる場合もそうでしょう。

病棟勤務では、患者さんから多くの情報をもらい、その情報にのっとって、じっくりと服薬指導ができます。これもチーム医療の一環なのですが、チームの一員として、薬剤師の存在意義を発揮してこそ、やりがいを再発見することができるのです。

ときとして患者さんの病気に対する気持ちに接して、心を揺さぶられることもあります。そのような患者と接して、経験を積むことで薬剤師としての職務を全うすることができるのでしょう。

専門職の仕事は様々な経験を積むことで、知識以上にその職務について完成された専門家になることができます。同じ知識を持っていて、10年の経験のある薬剤師と、2年の経験のある薬剤師では、10年の経験のある薬剤師のほうが上なのはいうまでもありません。専門職は時として知識よりも経験がものをいう世界であり、経験に救われることが多々あるのです。

また、チーム医療の中で薬剤師として、提供した情報が治療方針に活かされた場合は薬剤師冥利につきるのではないでしょうか。「この症状についてはこの処方でいこう」という考えは、基本的なことであってもそれがベストというわけではありません。患者の状態を知り抜いている、医師や看護師、薬剤師ではさまざまな意見が出ます。その中でも、医薬の専門家である薬剤師の意見はやはり尊重されるものなのです。時には薬剤師の意見で処方が変更になる場合もあります。そしてそれが患者の治療に役立ったときは、まさしく病院薬剤師としてのやりがいを感じる瞬間ではないでしょうか。

病院薬剤師は、薬の多くの情報を患者に提供しています。そして、患者からは、たくさんのことを教えてもらっています。医療に失敗は許されませんが、その患者に対しての様々な医療活動が、次の患者に活かされることになるのです。そしてなによりも、患者の生きる姿勢、前向きな姿勢を受け取ることができます。そのことこそ、病院薬剤師のやりがいといえるでしょう。

やりがいのある病院薬剤師の求人を掲載している転職エージェントをご紹介!

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド