病院薬剤師求人ガイド【人気の転職エージェントをご紹介】

病院薬剤師の仕事内容は!?

→薬剤師求人サイトランキングを見る

医薬分業が進み、病院で働く薬剤師の多くは、薬局勤務となって外に出ていきました。現在の病院勤務の薬剤師は比較的大きな病院、たとえば医学部付属の病院であったり、地域医療の中核となる総合病院に勤務する薬剤師が大半です。

そのような中で、病院で働く薬剤師の役割は大きく変わってきています。これまでは病院勤務の薬剤師の仕事は、外来患者に対する調剤が中心でしたが、それは前述したように、薬局薬剤師が担当することが多くなりました。ですから、調剤の仕事もしながら、入院患者をケアする仕事も行うようになったのです。医薬分業が行われる以前は、薬剤師がベッドサイドにつくことは考えられないことでした。

もちろん、全ての病院で医薬分業が徹底されているわけではありません。まだまだ試行錯誤の状況という面もあるでしょう。それでも、薬学が6年制の修業年限になって初めての薬剤師が医療の現場に巣立っていきました。これからさらに医療の現場は様変わりしていくことが予想されます。薬剤師にはさらに専門的な知識がもとめられ、その存在感はこれからますます高まっていくことでしょう。このようなことから薬剤師の病棟勤務はますます増えていくことになると予想されます。

薬剤師の仕事の基本となるものは、その豊富な薬学の知識に裏打ちされた、調剤業務です。医師が出す処方せんから、薬を調剤し患者に配布する薬剤師に基本的なあり方はこれからも変わりません。これが薬剤師の存在意義と考えたら当然のことです。

そして、この基本的な調剤業務にさらにプラスアルファされた仕事が病院薬剤師には用意されています。その一つとして、製剤業務があげられます。これは、製薬会社から作られた薬を調剤するのではなく、医師がどうしても必要な薬で、製薬会社から手に入らない薬を、安全性と有効性を十分に検証しながら病院の薬剤部で製剤するのです。

病院にとって、もっとも適した薬を調整する製剤業務は診療上欠かせない大切な仕事です。薬剤師にとっても、調剤業務にはない、作り上げる仕事としての製剤業務はとても薬剤師冥利につきる仕事ではないでしょうか。

これは薬局薬剤師では味わえない仕事で、決して表には出ないものですがやりがいということを考えたら薬剤師になってよかったと思えるものになるでしょう。これからの病院薬剤師は、チーム医療の一員として薬剤師がいなければ、医療が立ち行かないという存在になり、ますますその存在感は増していくでしょう。

薬剤師専門の転職サイト 人気ランキングTOP5

リクナビ薬剤師
リクナビ薬剤師に登録する

マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師に登録する

薬キャリ
薬キャリに登録する

© 2017 病院薬剤師求人ガイド